癌が転移する前にレッツ治療|気になる治療サポート

women

癌を退治

老人

フリーラジカルは、その多くが不安定な状態にある酸素です。酸素分子は安定状態では、16個の電子を持っていますが、1つ増えて17個の電子を持つ状態になることもあります。これが不安定な状態の酸素分子で、活性酸素の一種になります。 体内のフリーラジカルとしての活性酸素は、いくつかの種類がありますが、それらが、体内にある物質や細胞と反応して、それらから電子を1個とりあげます。これが酸化と呼ばれている反応で、体にとって悪影響を与えます。 活性酸素による体への影響で有名なのは、癌と老化です。癌は、細胞が無限に増殖しようとする細胞でできていますが、これは、活性酸素によって細胞が傷つけられるために起こると考えられています。また、老化も同様に細胞がダメージを受けることで起こるとされています。医師の診断を受けられる専門医の治療を受けることは先決ですし、それに伴いフリーラジカルをあわせるといいでしょう。もちろん、癌治療を受けるクリニックは評判や腕を見ながら選ぶようにしましょう。

サプリメントなどの効果、効能に抗酸化作用というものがありますが、これは、活性酸素のようなフリーラジカルによって、細胞などが酸化されるのを防ぐ作用のことです。 抗酸化作用を促す物質が抗酸化物質です。このようなもので有名なのは、ビタミンCやベータカロチンがありますが、ビタミンEやビタミンAなども抗酸化物質です。また、体の中の酵素にも抗酸化作用をもつものがあります。 なお、フリーラジカルは、ストレスや、タバコ、食品添加物などの摂取、紫外線、放射線などを浴びたりすると作られやすいといいます。また、免疫系が活動する時にも発生しやすくなります。 サプリメントなどで抗酸化物質を摂取するのは良いことですが、日常生活でのストレスの軽減やタバコをひかえるなど、フリーラジカルの生成をなるべく抑える努力も必要かと思います。