癌が転移する前にレッツ治療|気になる治療サポート

women

ガンマナイフでの治療

医者

ガンマナイフとは脳腫瘍などの病気の治療に最適な放射線照射装置です。ガンマナイフという名前の通り、ガンマ線を腫瘍などの病気部分に集中照射することができます。一つ一つのガンマ線は細いものの、いくつもの線源が集まれば大きな線量となり、大きな治療効果が得られます。金属性のフレームに頭を固定してガンマナイフの治療を受けますが、治療の痛みは感じられないと言われています。治療時間は小さな腫瘍であれば約30分以内です。治療時間は腫瘍の数によります。また副作用は最小限であると考えられているため、安心できる治療方法です。ガンマナイフによる治療費は約20万円から25万円ほどですが、高額医療の申請を行うと負担額は約10万円ほどになります。

脳腫瘍などの病気治療によく利用されているガンマナイフは、2010年には世界に275台、日本に55台が設置されていました。2010年当時、最も多くのガンマナイフが設置されていたのはアメリカで、続いて日本に多く設置されています。1992年にガンマナイフが設置された西日本に位置する病院では、周辺地域から多くの患者が訪れています。統計によると患者数は年々増加傾向にあると言えます。これはただ単に癌患者数が増加しただけでなく、抗癌剤治療が進歩して脳への癌移転が増加したためでもあります。これらの病気治療にガンマナイフが活用されており、脳腫瘍の治療に大いに貢献している言えます。高額医療の手続きが可能で、また治療時間も短いためぜひ利用したい治療法です。